Q&A

イヤホンで使用できるタイプはどのようなものですか?
一般出来に販売されている、カナル型でステム部に凹があるものは使用できます。但し、イヤホンのステム部先端の径はΦ6.0以上を推奨いたします。Φ6.0以下のものは抜けたり、回転しやすくなります。尚、アイホンに添付されているタイプやカスタムIEMタイプには取付けできません。(ステム径が小さい一部のイヤホンには取付けできません)
カップ型ということですが、サイズはどのように選べばよいのですか?
通常使用される3サイズを用意しておりますが、カップ最大径がL=13.0、M=12.0、S=10.5となっております。これまで使用されているサイズをご確認の上、選択頂きたいと思います。現在使用されているものが、シリコンタイプの標準的な形状であれば、逆に指し込んで、挿入できるかの目安にしていただければと思います。
尚、「JIJU」は先端開口部形状に若干りR形状や厚みを持たせており、カップ形状ながら挿入性を考慮した形状となっています。
栓体部の金属が外れるようなことはないのですか?
栓体にステンレス製のフェーズプラグを使用しておりますが、イヤーピースからの抜け防止には特段の配慮を施し、簡単には抜けない構造となっています。仮に何らかの原因で抜け掛かった場合でも、次の溝で止まる2段階抜け防止機構としており、特に安全面に配慮したフェールセーフ構造となっています。
ステンレス製のフェーズプラグが外耳道に直接触れることはないのでしょうか。
ステンレス製のフェーズプラグが外耳道には直接触れない仕様としていますが、挿入状態によっては触れる場合があります。金属アレルギーのある方はご使用を控えて頂いた方がよろしいかと思われます。
金属アレルギー持ちなのですが、チタン製対応できますか?
アレルギーが出にくいと言われるチタン製についても検討していますが、価格は上がってしまいます。今後、ご希望される方が多いようでしたら展開検討していきます。
こどもに使用させたいのですが、SSサイズはないのでしょうか。
栓体のフェーズプラグが共通部品としている関係上、SSサイズは現時点では対応が出来ません。今後の課題とさせてください。尚、金属を使用する特殊な構造でもあり、お子様のご使用はお勧め致しません。
冬場等、ステンレス製のフェーズプラグが冷たく感じることはないのではしょうか。
冷気時、ステンレス製のフェーズプラグが外耳道内にあると冷たく感じます。場合によっては頭痛のような感覚になる事もあります。ご使用の前にはポケットに入れる、手で握りしめてから使用する等して体温に近い状態でご使用なさってください。また、夏場の高温時についても体温に近い状態迄冷やしてから使用ください。
聴いていると曲により違和感を感じることがあるのですが。
録音状態によっては効果が得られない場合や違和感を感じる事があります。(録音の良し悪しが解りやすいとも言えるかもしれません)
ボーカルはマイクが1本での録音によるものとみられ、若干頭部寄りに感じることがあります。
ステレオマイクで良好に録音された場合は、頭の中ではなく目の前に展開し、コンサート会場での余韻等も感じ取る事が出来るかと思います。(感じ方には個人差があります)
挿入時にどこまで入れてよいか解りにくいのですが。
サイズが合わないと、強く押込むようになりステンレス製のフェーズプラグが外耳道内に干渉しやすくなります。フェーズプラグが外耳道に干渉しない程度に挿入してください。(フェーズプラグが直接外耳道に干渉するようですと入れすぎの状態です)
カップ型ということもあり挿入し難いのですが、良い方法はありますか。
外耳道に挿入する場合、耳珠(じじゅ)凸部側の手前のくぼみ部にカップを軽く着けたあと、外耳道に向けて軽くひねりながら挿入すると容易に入るかとおもいます。
特殊な形状ですので、サイズの選定に際しては現在のカップサイズの確認と、逆に取付けてみて挿入が出来るかどうか確認をして頂くことで参考にして頂けると思います。
左右の使用するサイズが異なるのですが、イヤーピースのシリコン部のみの販売はしないのですか。
今後、ご希望によってはシリコン部と栓体部の単品売りも検討してまいります。
イヤーピースの色違いは無いのですか?
現在は黒色のみです。白等についても検討していますが金属色とのマッチングの検討が必要となります。
ケースの色違いは無いのですか?
現在は黒のマット仕上げのみですが、今後赤色(イタリアンレッド)の表皮調に黒文字のLIZER LABを検討中です。
カップの中は汚れが溜まりやすいのですが、汚れた場合の対応について教えてください。
カップ型のイヤーピースの場合、カップ内に耳垢等が入りやすくなります。定期的にイヤーピースを外して、水で洗い流してご使用ください。ステンレス製のフェーズプラグは、無くす恐れがありますので外す事はお勧めしません。尚、フェーズプラグ先端の小さな孔は、先端の尖った歯ブラシで洗うようにすると汚れが落ちます。
充電できるケース付きのブルーテゥースイヤホンについて
ケースの形にフィットしない場合はイヤーピースを外して充電してください。
サイズが合わなかった場合、交換は可能でしょうか?
問い合わせからご連絡頂ければ交換対応させて頂きます。Sが大きい、Lが小さいは対応が出来ませんので、対象はそれ以外の組み合わせとなります。(S→M、M→L、M→S、L→Mの基本4パターンからご指定下さい)左右のサイズが合わない方で、1つのみ交換も対応させて頂きます。
手順は、
①金属部を外し(付けたままでも可)付属のスポンジに組込み同封頂く。
②指定の住所に郵送してください。(25g以下、厚み10mm以上は120円となります)
③イヤーピース(プラグ付きも可)のサイズを変更(新品)し郵送致します。
  (交換品、並びに120円切手を同封して返送させて頂きます)
※申し訳ありませんが、単品購入者様に限定とさせて頂きます。
※交換はご購入後2週間以内とさせて頂きます。
JIJUを使用しても頭外定位をあまり感じないのですが、何かいい方法はないのですか?
アマゾンの評価欄でも記載されている方がおりますが、イヤホン本体にベント孔が開いてる機種で、使用時に前方に開いている機種(アルティオCR-M1等)は推奨のシュア掛けの場合、JIJUの孔と同一方向になりますので、より頭外定位感を感じて頂くことが出来ます。但し、通常使用の場合は、逆側となりむしろバランスし好ましくありません。また、intimeのSORA Ti3の場合もシュア掛けの場合では、より効果を感じて頂くことが出来ると思います。(下記写真参照)
機種によっては追加でベント孔を設けることで、同様の効果を得ることが出来、また低音不足解消としても有効となります。ご興味のある方はHPの問い合わせ欄からご連絡願います。
尚、このJIJUの孔位置とイヤホン本体のベント孔方向を前方に合わせる、については自身の特許第6621166号で既にJプラットパットにて公開されております。
SONY製イヤホンはステム先端が細いのですぐに抜けてしまいます。何かいい方法はないのでしょうか。
先端径がφ6.0以上を推奨しておりますが、先端径が細いタイプでも少しの改造で対応が可能な場合があります。内径がステム先端径に合わせた樹脂等のパイプを用意し、幅1.5mm程度のリング状にします。それをステムに組込み接着します。リングの外形は5.5~6.0の範囲でもある程度の抜け防止効果はあります。写真を添付致しますので、ご参考にしてください。(アルティオCR-M1の例で、パイプはシャープペンの中にあった樹脂パイプを流用したものです) ※改造は自己責任でお願いいたします。
JIJUを視聴してみたいのですが可能でしょうか?
フジヤエービック様主催の「ポタ研に出展決定」。開催日は2020年2月8日(土)。
ご興味のある方は現地(東京都中野区)で開催されるイベントでご試聴ください。
ご自身のイヤホンへの組み付け性や、JIJUとの相性なども具体的に確認いただけます。
また、当日はイヤホンの後端にベント孔を追加工しプチ改造した、頭外定位の強化仕様イヤホンも準備いたします。圧倒的な臨場感と頭外定位感を感じて頂きたいと思います。
(イヤホン後端前方方向にベント孔を追加工する事で、低音域と頭外定位の強化を同時に実施可能)
今後、JIJUの試聴貸し出しも検討しておりますので、ご希望がありましたらHPのアドレスからご連絡頂きたいと思います。
イヤーピース「JIJU-ZERO」のカップ部へのフェーズプラグ組み付け方法について。
開催日:2020年2月8日(土)、フジヤエービック主催「ポタ研での試聴と完売の御礼」。並びに当日、JIJUをご購入頂いた方に頭外定位用孔無し仕様イヤーピース「JIJU-ZERO」のカップ部をサービスさせて頂きました。金属のフェーズプラグを交換頂くことで両方のイヤーピースを使用頂く事が可能となります。その際、フェーズプラグを外したものの中々所定の位置まで入らない場合がありましたら、筒部やフェーズプラグに薄くハンドクリーム等で滑りやすくすると入れやすなりますのでお試しください。その際、カップ部はイヤホンから外した状態での組み付けとしてください。
「ポタ研」での頭外定位イヤーピース「耳珠JIJU」の試聴アンケート結果
2020.2.8(土)に中野サンプラザで行われました「ポタ研」で出品させて頂きました、頭外定位イヤーピース「耳珠JIJU」の試聴アンケート結果につきまして概略をご報告させて頂きます。
【評価結果まとめ】】(アンケート数19)
①試聴された方の約7割で「頭外定位」を感じる、との回答を頂きました。
②特に「臨場感」の評価が高く、ヘッドホンのようになる、と言う方が数名おりました。
③密閉感があまり無く、自然な聴こえ方がする。
④耳への挿入性があまり良くない、中間サイズが欲しい、低音域と高音域の減衰を少し感じるとのご指摘を頂いております。この点は今後の課題とさせて頂きます。
※アンケートにご協力頂きました方には御礼申し上げます。